wajiyakaki.net
●製菓製パン機械器具綜合商社
A

有限会社 アワジヤ菓機

おかげさまで難波千日前の地に店を構えて70年。多くの方との縁をいただき,これからも多くの方の躍進を支援していきます
 

仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)を略したもので、語源は梵語(ぼんご)の「ウランバナ(ullanbana)」、直訳すると「逆さつり」という意味を持つそうです。

 『仏教辞典』には、「死者が死後に逆さに吊るされている様な非常な苦しみを受けているのを救う為に、祭儀を設けて三宝に供養すること」と、あります。

 お釈迦様の弟子の目蓮尊者(もくれんそんじゃ)が、亡くなった母親が餓鬼道に落ち、逆さに吊るされている様な非常な苦しみを受けているのを知り、何とか救おうとその母に食物を与えるのですが救えず、お釈迦様にお願いし、そのお導きで多くの衆僧を招いてご供養の大布施を捧げたのが715日。甲斐あって、母親は餓鬼の苦しみから逃れる事ができ極楽往生が出来たそうです。

 今で言う「お盆・お施餓鬼」の始まりです。

日本で最初の盂蘭盆会(お盆)が催されたとされるのが、推古14年(西暦606年)。

 もともとは旧暦の7月15日前後でしたが、新暦に変わった7月15日前後だと、農作業の繁忙期と重なってしまう為、1ヶ月後れの8月15日前後にお盆を行うところが多くなったそうです。

 東京は、俗に言う「東京盆」と言われるように、7月盆を採用することが多いのですが、これは、東京に住む地方出身の方が、お盆休みを利用しての「家族で田舎へ」という計画にも都合が良かった為、7月盆が定着したとも考えられています。

 

 一般的に 

     旧盆     :8月13日~16日

     新盆(東京盆):7月13日~16日

 の期間でお盆をすることが多いようです。

  (地域によっては7日後れ、10日後れの場合もあります)

 このようにして、「お盆は新仏様(※1)やご先祖様の精霊を我が家に迎え供養して、家族と亡き人が共に過ごす期間」と、現在では考えられるようになりました。

※1

「新仏さま」とは、一般的に、なくなった後一年以内の仏様のことを言い、その新仏さまを初めてお迎えするお盆を「新盆(にいぼん、あらぼん、にゅうぼんなど)」と呼びます。

 新盆を迎える方のご質問で『お盆の直前に亡くなってしまったのですが、もう新盆なんですか?』とよく尋ねられます。一般的には、「四十九日法要(三十五日法要も含め)を終えた方が、初めて迎えるお盆が新盆」と認識いただいてよろしいかとも思います。納骨も基準のひとつとして考えられてもおりますが、最近では、四十九日法要後の納骨となることも多いので、亡くなった時期、その他諸条件によっては、事前にご住職にご相談されることをお勧めいたします。

春分の日(3月20日頃)と秋分の日(9月23日頃)を中日〔ちゅうにち〕として前後3日間の7日間のことを「彼岸」といいます。そして初日を「彼岸の入り」といい、最終日を「彼岸の明け」と呼んでいます。地方によって若干の違いはありますが、先祖を供養し、ぼた餅やおはぎ、お団子や海苔巻き、いなり寿司などを仏壇に供えます。

意味・目的日本固有の信仰

彼岸という言葉は仏教用語からできたもので、梵語〔ぼんご〕「波羅密多〔はらみた〕」の訳だと言われています。正しくは到彼岸〔とうひがん〕、つまり生死を繰り返す迷いの世界(生死輪廻〔しょうじりんね〕)である此岸(この世)を離れて苦しみの無い安楽(涅槃常楽〔ねはんじょうらく〕)な彼岸に至るという意味です。その内容にも仏教の影響が多く見られますが、他の仏教国には無い日本固有の信仰です。

起源・歴史不安の中から生まれた思想

ある説によると、彼岸の起源は平安時代までさかのぼるようです。
この頃、政権を争う戦いが長く続き、その不安から人々の間で"1052年に仏の教えが消滅してしまう"という「末法思想」が広まり、社会現象になり始めました。信者達は、現世で報われないのなら、せめて死んでから極楽浄土へいけるようにとすがるようになりました。初めは浄土宗の人たちだけの信仰だったようですが、あまりにも戦乱が長く続いたため一般の人にまで広がりました。
仏教の教えには、何でもほどほどが良いという「中道」という考え方があります。その考えと合致して出来たのが「彼岸」だといわれています。春分と秋分の日は昼夜の長さが同じになります。また、暑くも寒くもないほどほどの季節であり、 太陽が真西に沈む時期なので西方極楽浄土におられる阿弥陀仏を礼拝するのにふさわしいという考えから、次第に人々の生活に浄土をしのぶ日、またあの世にいる祖先をしのぶ日として定着していったようです。

行事牡丹餅とお萩

お彼岸に良く見られる「ぼたもち」と「おはぎ」は、餅米とアンコで作られた同じ食べ物です。しかし食べる時期が異なる為、それぞれの季節の花を意識して名前が変えられています。春の彼岸にお供えする場合は「牡丹餅」と書き、一般的にはこしあんを使用します。一方、秋にお供えする場合は萩〔はぎ〕の花を意識して「お萩」と呼ばれ、あんは粒あんを使用します。
また、あずきは古くから邪気を払う効果がある食べ物として食べられており、それが先祖の供養と結びついたと言われています。

明治以降の発展

明治時代になると、西洋の文化が急速に伝わり、和菓子にも大きな影響を与えました。中でも西欧の調理器具は、和菓子に飛躍的な発展をもたらしました。たとえばオーブンの登場により、栗饅頭やカステラ饅頭などの焼き菓子類の多くが明治以降に誕生したのです。

うんちく
大阪難波千日前 道具屋筋
         TOP         会社案内           場所        導入実績         アカデミー        問い合わせ  

茶道と和菓子

次に、大きな影響を与えたのは喫茶の流行です。
お茶は鎌倉時代初期(1191年頃)に、栄西禅師が大陸から持ち帰って伝えましたが、やがて喫茶の風が広がり、茶の湯が流行します。
室町時代の茶席には、「点心」と呼ばれる、定時の食事以外の軽食がありました。その中に「羹(あつもの)」という汁があります。具材によって「猪羹」「白魚羹」「芋羹」「鶏鮮羹」など48種類の羹があったといわれていますが、その中に「羊羹」がありました。羊羹は羊の肉の入った汁でしたが、当時、獣肉食の習慣のなかった日本では、羊の肉に似せて麦や小豆の粉などで象ったものを入れました。その羊の肉に似せたものが汁物から離れて誕生したのが「羊羹」の始まりで、当時は「蒸羊羹」でした。のちに、寒天が発見され、煉羊羹に変化するのは寛政年間(1800年前後)の頃です。
茶の湯の菓子としては「打栗」「煎餅」「栗の粉餅」「フノヤキ」などがありましたが、それらが和菓子の発展につながっていきます。

南蛮菓子の渡来

その後、ポルトガル人やスペイン人により南蛮菓子が渡来します。ボーロ、カステイラ(※カステラのこと)、金平糖(こんぺいとう)、ビスカウト(※ビスケットのこと)、パン、有平糖(あるへいとう)、鶏卵素麺などで、現在でも食べられている和菓子の原型となりました。

江戸時代に開花

江戸時代に入って、和菓子は大きく発展します。
江戸時代以前は、国内で常に戦(いくさ)があり、とても菓子を楽しむということのできない時代でしたが、江戸時代になって戦乱が止み、平和になったことから、菓子づくりに力を注ぐことができるようになり、飛躍的に発展していきます。日本中の城下町や門前町で独特の和菓子が生まれたのもこの時代ですし、京都の京菓子と江戸の上菓子が競い合うようにして、菓銘や意匠に工夫を凝らした和菓子が次々に誕生しました。
現在食べられている和菓子の多くは、江戸時代に誕生したものです。

Copyright awajiya kaki co.ltd all right reserved
「彼岸」

古代の菓子

食が充分ではなかった古代人は、空腹を感じると野生の「古能美」(木の実)や「久多毛能」(果物)を採って食べていました。この間食が「果子」と呼ばれるものになったと考えられています。食べ物を加工する技術のなかった太古には、果物の甘みを特別な恵みと感じ、主食と区別していたのでしょう。